ベース

【迷ったらこちらをチェック】コスメデコルテ トーンアップCCを徹底レビュー!【3/16発売】

みなさま、こんにちは!Sakuraです🌸
★Instagram(@sakura_review
★Twitter(@COSMEBOOKSakura

今日は、2020年3月16日発売のコスメデコルテ サンシェルター トーンアップCCをレビューしていきたいと思います(*^ω^*)
普段からコスデコのサンシェルターは日焼け止めとして愛用していたので…カラータイプの発売と聞いてとてもワクワクしています!

気になっている方も多い商品だと思いますので、ぜひご参考にしていただけたら嬉しいです♪

それでは、スタート!

トーンアップCCが発売に!

コスメデコルテ
サンシェルター トーンアップCC
〈日焼け止め乳液・化粧下地〉
SPF50+/PA++++

全3色 各35g  各3,000円(税抜)

毛穴やシミ、色むらなどをナチュラルにカバー。
自然なツヤ感に仕上がり、みずみずしくハリのあるお肌へ整えてくれます♪
紫外線だけでなく、大気中の微粒子もブロックしてくれる優れものです!

3色を手にスウォッチ!

どのお色も柔らかいテクスチャーなので、スーッと簡単に伸ばすことができます。
スキンケアの後に使用するだけで、日焼け止め&下地が完成!
忙しい朝の時短メイクにもおすすめです♡

香りは全て、フレッシュハーバルグリーンフローラルの清潔感のある香りです(^^)

10:ラベンダーローズ

塗りはじめは『イエベの私でも大丈夫かな…?』と不安になるようなピンクで驚いたのですが、伸ばしていくと“アラッ不思議!”

とても自然にトーンアップすることができました♡

わかりやすいように多めに塗ってしまったので、手の甲だと浮いているように見えますが…
顔に塗布したところ、ファンデーションを全顔に塗るのではなく、気になるところだけコンシーラでカバーした方が綺麗に仕上がるのでは?と思うくらい、素肌を底上げしてくれた仕上がりに!(;ω;){感動

ツヤッツヤのツヤ肌、というよりは『丁寧にスキンケアしました』というようなナチュラルな“じんわりツヤ肌”になれます。
この後に使用するファンデーションを選ばない仕上がりですが、リキッドやクッションファンデーションが相性が良いのではないかなと感じました♡

01:ライトベージュ & 02:ベージュ

01:ライトベージュ

\標準色よりも明るめを使用している方におすすめです/

透け感のあるベージュカラーで、ナチュラルな仕上がりに♪
薄いシミやニキビ跡もなめらかに見せてくれます。
いっけん薄付きなのに、手の甲の血管をも自然にカバーしてくれて…とても頼もしい1品です♡

02:ベージュ

\標準色もしくはやや暗めを使用している方におすすめです/

黄色がしっかりしたベージュカラー。
肌色が暗くなりすぎることなく、気になるところをしっかりカバーしてくれます。
分かりやすくするために量をしっかり塗布しましたが、厚塗り感が出なくてGOOD(o^^o)

気になる使用感は?

とてもみずみずしく伸びの良いテクスチャーです♪
乳液とジェルの中間のような使用感で、するする塗布することができます。
仕上がりも軽く、肌が苦しくないので…1日塗っていてもストレスを感じません!

肌の調子がいい時、忙しい朝、休日などは、これ1本でもいいと思いますd( ̄  ̄)
ラベンダーローズよりツヤ感UPで、CCクリーム感覚で使用することができます♪

色を比較すると…?

01:自然な透け感のあるベージュ
02:オークル感がしっかりしたベージュ

という印象を受けました。

標準色よりもやや明るめを使うことが多い私には、01:ライトベージュがぴったりでした。(コスデコのファンデーションは301使用です)

02:ベージュも使用してみましたが、思いのほか暗くなりすぎなかったので…下地としてしっかりカバーしたい時は02を選ばれて、そのあとに使用するファンデーションやお粉でトーンを調節されてもいいのではないかなと感じました◎

まとめ♡

今回3種を使用してみて、とてもみずみずしい使用感にぞっこんになりました
私は寝不足だったり、PC作業が続くと顔色がくすみやすいので…ラベンダーローズはマストアイテムになりそうです♪

忙しい朝や休日サササッとメイクをしたい時、旅行で荷物を減らしたいときには、ベージュカラーのサンシェルターを使用したいなと思っています(*^ω^*)

みなさまもぜひチェックしてみてくださいませ♪

次の記事では、サンシェルターとウォータープルーフタイプの比較をしたいと思います(*´ω`*)
楽しみにお待ちいただけますと幸いです!

それでは🌸

\国内最高スペック/サンシェルターをレビュー!コスデコのやみつき日焼け止め♡ 美肌のために『UVケア』は1年中、心がけたいもの…っと言いつつ、私はこちらの商品に出会うまで、日焼け止めを使うことが正直億劫でした(...